身体の痛みや不調を感じたら名古屋市東区の「鍼灸院かざみどり」へ

腰痛 - ぎっくり腰について

ぎっくり腰

腰痛に悩まされている方は1000万人とも3000万人ともいわれおり、一生の間に約80%の人は腰痛を経験するといわれています。

肉体労働からパソコン作業(VDT作業)・営業・介護・家事など、幅広い仕事内容で腰痛になる方もみえますし、若い方から高齢者の方までと年齢層も幅広いです。

また「ふとした瞬間にズキッと痛む」「起き上がれず寝てても痛い」「常にしびれがある」「激しい運動をすると痛む」など、症状もさまざまです。

しかし、そんな一般的な症状である腰痛ですが、現代医学をもってしても、正確にはわからない部分があります。

現在、あきらかに骨や神経などに原因があるとわかる腰痛は全体の15%ほどだと言われています。

あとは、筋肉疲労や姿勢不良・ストレス・内臓疾患など、いろいろなものが複雑に絡み合って起こっていたりします。

今回はその中でも、代表的なぎっくり腰について説明していきますね。

 

  ぎっくり腰

物を持とうとしたとき、くしゃみをしたときなど、突然激しい痛みが腰やお尻に出ることが多いです。

数日寝込んでしまったり、歩くのがやっとといったように、日常生活にかなり支障が出るやっかいな代物。

呼び方も、ギックリ腰・急性腰痛症・腰椎捻挫などと呼ばれ、外国でも魔女の一撃などいろいろな呼び方があります。

実はこのぎっくり腰というものは、さきほど説明した原因のわから15%ではなく、『 非特異的腰痛症 』という原因のわからない85%に含まれます。

ぎっくり腰の原因はぎっくり腰になった人の数だけ原因がある!と言っても過言ではありません。

原因はさまざまですが、その中でもいくつか原因として言われているものを挙ていきます。

   ◇ 筋肉の疲労

日々の生活で筋肉に疲労が蓄積され、腰部に大きな力が急にかかったときに、それに耐えきれず筋肉を傷めます。
普段であれば疲労をとれていきますが、睡眠不足や偏食・不規則な生活などで疲れがとれないまま生活していると疲労は蓄積していってしまいます。
また、車通勤・デスクワーク・便利な家電などのせいで現代人は慢性的な運動不足になり、身体を動かしたり支えたりする筋肉が衰えてしまいます。
そうすると少しの動きでも疲労が蓄積してしまい、ぎっくり腰を起こす原因のひとつとなってしまいます。

   ◇ 骨のゆがみ

骨のゆがみといってもこれは骨が変形しているというわけではなく、筋肉のアンバランスが生じて起きるものです。
簡単に言うと、“毎日使っているところは筋力が落ちにくいが、疲労が蓄積して固くなってしまう” “あまり使わないところは筋力が落ちてしまい、ゆるんでしまう”といったようなことです。
このことが骨格のゆがみを作り、本来負担のかからないところに過剰な負担がかかることによって、ぎっくり腰になってしまうことがあります。

   ◇ 加齢からくる椎間板の衰え

骨密度は20代をピークに年1%ずつ低下し、背骨の間にある椎間板の水分量も徐々に減って本来のクッション性が発揮できなくなります。
椎間板にガタガタが起き、それに伴い後ろの関節も歪むため、それを支えるために筋肉が緊張してコリ始め、ひどいと痛みに変わります。

 

痛みの期間としては、1~3日がピークでそこから10日ほどかけてゆるやかに症状がよくなっていきます。

ただ、ここで無理をしたり間違った手当をすると悪化するので注意しましょう。

まず基本的な対処としては、痛みが強いときは安静にすることです。

そして、コルセット・腹巻・さらしなどで固定して筋肉の負担を楽にしてあげましょう。

特に3日までの痛みがピークのときは、お風呂などに入らず、冷湿布などで冷やしてあげてください。(決して温めないでください、悪化します!)

急に激痛がくるため、かなり日常動作に制限が出てしまいますが、まずは安静にしましょう。

少し良くなってきたら、今度は滞っている血液の循環をよくするために温めたり、痛みが出ない範囲でストレッチしてみて下さい。

 

  鍼灸治療について

当院においては、まず身体の状態を把握したあと、身体の治るための土台をつくるために五臓六腑の調子を整えます。

そのあと痛みを取るためには腰周辺の硬直した筋肉をほぐし、強い緊張状態を緩和していきます。

ぎっくり腰は、腰だけでなく足や背中など広い範囲の筋緊張が影響していることも多いので、身体全体にアプローチしていきます。

腰周辺の硬くなった筋肉を緩めるためには、痛みの強い腰やお尻の筋肉に直接鍼を刺すことも重要ですが、足の筋肉もかなり緊張がしていることが多いので、緊張しているポイントをしっかり見つけ、足などにも刺入することで、痛みが緩和され、症状の改善に大いに役立ちます。

ぎっくり腰の場合、筋肉が炎症を起こしてしまっていることが多いので、初回の治療で痛みは軽くなりますが腰に重い感じの違和感が何となく感じます。
1回の治療だけでは筋肉は十分に回復していませんから、2~3回の治療が必要となります。

辛い症状が起こるぎっくり腰ですが、鍼灸治療は痛みを緩和するのに効果的な治療法ですので、症状をこじらせる前の早めの治療をオススメしています。

また症状が改善したら、上記で説明したような起こっている原因を突き止め、取り除く必要があります。

自宅でできる腰痛体操も紹介していきます。

予防したい、再発防止したい、という場合もぜひ一度ご相談ください。

 

関連記事はこちらから

  ☞ ぎっくり腰の対処法
  ☞ 腰痛体操・ストレッチ

 
腰痛・ギックリ腰でお悩みの方は 名古屋市 東区 中区 の 鍼灸院 かざみどり まで
電話番号
オンライン予約はこちらをクリック

予約やお問い合わせはこちらから TEL 052-212-7379 (予約優先) 受付時間 9:00~12:00 / 13:30~20:30  [ 第一水曜・日曜・水曜午前 除く(祝日不定休) ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 鍼灸院かざみどり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.